冷え性にはココア? 生姜より効果があるって本当?

温活にココア?ココアに秘められた驚きの効果とは?

“これからのシーズン、冷房がガンガン効いている室内での冷え性が心配になってくるころですよね。
「この冷え、なんとかならないのかな。冬に食べたり飲んだりしているものを食べなきゃいけないのかな」
と思っているあなたに朗報。

「ココアが冷え性に効果絶大」とのことなんです

にわかに信じられませんが、それって本当なのか。本当であればどんな風に飲めばいいのかなどを今回はお伝えします。

ココアは冷え性の強い味方

ホットココア

甘くて美味しい、おやつとしての飲み物としても人気のあるココア。実は冷え性に悩む人の協力な味方だってご存知でしたか?

ココアに含まれるデオプラミンや、カカオポリフェノールのプラパノール・プロシアニジンといった成分は、末梢血管を拡張し、手足の血流を促す働きがある。(板倉医師)
参照元:NIKKEI STYLE

日経のメディアでもこういわれている通り、実際にココアは「冷え性に効果のある飲み物である」と多くの研究者から注目されています

そんなココアの温め効果には以下の2つの特徴があるといわれています。簡単にチェックしていきましょう。

ココアは生姜と同じぐらい強力な温活フード

温活食材生姜しょうが

「身体を温める食べ物」をみなさんが思い浮かべればきっと3本の指には入るであろう生姜。食べたり飲んだりしたあとは、体の内側がぽかぽか温かく感じますよね。
しかし、森永乳業の研究によると、ココアにも生姜とほぼ同じぐらいの「温め効果」があることがわかっているんです。

でも、ココアを飲んだ後、生姜のような体がカッと温かくなる感じはしませんよね?
それはココアと生姜の温まり方の違いがあるからではないかと考えられます。

さきほどご紹介した森永乳業の研究でココアと生姜の温まり方を比較した結果、手の甲ではこんな違いがあったようです。

  • ココアよりも生姜のほうが飲んだ直後に一気に温まる
  • 温まった温度が継続する時間は、ココアのほうが生姜よりも長い

顔面の結果ではお互いにそこまでの差はなかったとのことですが、部分的にこういった特徴が出ているので「生姜のほうが温まる」という感じがするのではないでしょうか?

アイスココアでも同じ効果がある!

ホットココア

また、ココアが冷え性の強い味方といわれるもうひとつの特徴として、「アイスで飲んでも身体の内部は温まる」ということが挙げられます。

夏のシーズン、
「冷たいものを飲むと冷えるのは分かっているけど、熱いから冷たい飲み物が飲みたい」
と思ったことはありませんか?

そんなときにはぜひアイスココアを飲みましょう。
アイスココアも冷たい飲み物なので身体を冷やしてしまいそうなイメージがありますが、アイスココアの場合は下がるのは身体の表面の温度だけ。
冷えてほしくない身体の内側は温めてくれるんです。

冷え性対策にココアを飲むなら気を付けたいポイント2つ

ここまで、ココアが冷え性の強い味方であることとその特徴をお伝えしてきました。
しかしこれだけを見て「ココアって冷え性にいいんだ!じゃあ明日からたくさんココアを飲もう!」というのはちょっと待って。

冷え性対策・温活としてココアを飲むときには注意したいポイントも2つあります。
これらを守らないと逆効果になってしまう場合もあるので、ちゃんとチェックしておきましょう。

ココアを飲むならピュアココアを飲もう

温活女性カカオ

冷え性対策としてココアを飲むときにまず気を付けたいのが、飲むココアの種類。
「ココアといえばあの甘くて、牛乳に溶かして飲むやつだよね♡」
残念ながら冷え性対策で飲むココアはこのココアではありません。

市販のココアには2つの種類があります。

種類 特徴
ミルクココア ココアパウダーを飲みやすいように乳製品や砂糖で加工したもの
ピュアココア ココアパウダーに調整を加えていないもの

冷え性や温活のために積極的に摂っていきたいココアは「ピュアココア」です。

「え!ピュアココアってなんだか苦そう……ミルクココアじゃダメなの?」
そう思う人もいるかもしれませんが、ミルクココアには乳製品や砂糖などの””身体を冷やすもの””が入っているのでおすすめできません。
苦いのがつらい、と思ったらピュアココアにはちみつを加えてあげるといいでしょう。

ココアは1日1~2杯、ベストなタイミングで飲もう

また、冷え性にココアがよいからといって飲み過ぎもよくありません。
1日に飲むココアの摂取目安量は1~2杯が適量だといわれています。
そこで温活.comがおすすめしたいココアの摂取タイミングは朝と入浴前です。

朝はバナナココアでお通じ改善

バナナ ココア

朝のお目覚めはピュアココアとバナナを一緒に食べる「バナナココア」はいかがでしょうか?
ピュアココア単体ではちょっぴり苦い味も、バナナと一緒に食べれば緩和されるはず。
また、バナナは甘いのでカロリーが高いと思われがちですが、1本あたりのカロリーは86kcalと意外と低めなんです。

なによりもこのメニューの魅力はココアにもバナナにも豊富に食物繊維が含まれているので、冷え性とともにお通じも改善できること
美容にも嬉しいドリンクなんです。

入浴前にはジンジャーココア

お風呂に入り、湯船にしっかり浸かることによって、血行が促進され体温がじわじわ上がってくるのですが、その効果をさらに感じるために、入浴前にココアに生姜を混ぜて飲みましょう。ジンジャーココアを飲んだあとに入浴すればさらに体がポカポカ温まります。
疲れもとれ、寝つきも良くなるので、リラックスした状態のまま眠ることができます。

冷え性だけじゃない!ココアのさらなる効果

温活美肌女性

ここまで「ココアは冷え性の強い味方」という話をしてきましたが、ココアが効果を発揮するのは冷え性だけではありません。ほかにもこんな効果があるんです

効果 内容
美容効果 ココアに含まれるポリフェノールには抗酸化作用がある
リラックス効果 ポリフェノールには緊張を解きほぐす効果もある
ダイエット 食物繊維が含まれているので、腸内環境をよくする
妊活にも効果あり 冷えの改善とともに、子宮内膜を作る亜鉛もココアには含まれている

冷え性だけではなくこんなに多くのうれしい効果が期待できるココアはまさに女性の味方ですね。

これからのシーズン、ココアを飲もう

今回は冷え性にココアは効くということや、ココアの特徴・ココアを冷え性改善のために飲むときには何に気を付けたらいいのかなどをお伝えしてきましたがいかがでしたか?
コーヒーやお茶ばかりであまりなじみがないという人も、この機会にココア習慣をはじめてみるのもいいかもしれませんね。

温活.comは冷え性に悩む人に冷え性対策や、温活グッズをお伝えしている総合メディアです。定期的に更新しているのでぜひチェックしてみてくださいね。